今日は、母の足を借りて、フスフレーゲのデモンストレーションをしてみました。

母は足の小指(趾)が少し、曲がっているため、小指の内側に固い魚の目ができ、靴を履くと痛みがでていました。

フレーザーという専門の機械で、固い部分を削り、除去しました。

痛みがすっかり取れ、靴の履き心地も全く変わった^^と喜んでくれました♬

そして、かかとの角質を取り除くことで、足全体もすべすべになりました。


女性は、元々関節が柔らかいため、足の変形が起きやすいです。
また、ハイヒールや、先の細い靴など、構造的に足に悪い靴や、足に合っていない靴の影響で、年齢に問わず、足のトラブルを抱える方が多いです。


私自身も、この仕事につく前までは、ハイヒールを場所や環境などを考えずに履いていましたし、(むしろ、ハイヒールしか履いていませんでした^^;;)
自分の足の幅が、異常に細いことも気づかずに、靴がパカパカ脱げることが当たり前だと思いながら、生活をしていました。
今、振り返ってみると、2年前(24歳のとき)に腰痛を煩ったのも、靴や、歩き方が大きな原因になっていたのだと思います。

「足を健康に保つ」は、非常に重要な事だと思います。

私は、自分の足を知り、自分に合う靴に出会って、人生が変わりました。




泉皮膚科クリニック
http://fusspflege.izumi-hifuka-clinic.com/

フスフレーゲ施術風景
https://www.youtube.com/watch?v=Iiz65QAughw


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM