タコ・魚の目が痛い、気になる等で受診される患者さんが、

フスフレーゲをお受けになると、

多くの方が「え!こんなに簡単に痛みが取れるの!」

「こんな風にやってもらえると思わなかった。」

「もっと早く来たらよかった。」等の反応をされます。

お話を伺うと、痛みはずっとあった、ずっと気になっていた、が、
どこに行ったら良いかわからなかった。そして、これくらいの事で病院に行って良いのかと思っていた。と。
爪切りの反応はより大きいです。
「こうやって爪を切ってもらえると思わなかった」
「爪切りくらいで来たら怒られると思ってた」
等の反応があります。
祖父が数年前に話していたことを思い出しました。
爪を切ってほしいと病院に行ったところ、爪くらい家族の人に切ってもらって。とお話されたそう。
家族が切れないから医者に相談しているんだ、と祖父は少し不機嫌そうに言っていましたが、
忙しい病院で医師や看護師が治療よりフットケア寄りのことに時間を割けるかというと、
現実問題厳しいと思います。
だけれども、やはり患者の立場からすると、そう突き放されるのは寂しいこと。
タコ、魚の目ケアも、爪切りも、巻き爪矯正も同じこと。
一つのサービスとして医師以外の施術者が、医師と連携し、できる範囲のことを安全な指導のもと行う、ことが、
現実的で便利で優良なことだと思います。そして、それ専門の施術者は、サービス項目が少ないからこそ、
患者さんが医者に相談しづらいことまでお話できる、気軽に聞けるような、状態であるべきだと思います。
爪が割れやすい
足の小指の爪が小さくなる
すぐ2枚爪になる
くるぶしが黒くなる
かかとががさつく
など、お医者さんには、こんなことも相談していいの?と思われることも、
専門スタッフが相談役になることが出来れば、足や爪に関する関心も深まるはず!
私自身も、これくらいの事で病院って行っていいのかな?と思うことがあります。
病院を受診し、医師に相談することって、壁の高いものである、
来院される方々は不安を大きくとも小さくとも不安を抱えていることを、
しっかりと意識しながら、行動をしていきたいと思います。
どうぞ、どうぞ、お気軽に。

Comment
円香さん、いつもお世話になっています(^-^)

私は魚の目で悩み始めたのは8年前、ある秋田市内の皮膚科クリニックです。
しかしそこの病院は私の魚の目が出来る箇所に窒素で焼き付ける治療で、ひどく足の裏に炎症を起こし、歩けなくなる位、痛めました💧

歩けなくなる位、痛めているのに、謝罪もなく、私はその病院に残念ながら不信感持ってしまいました。

それ以来、今、泉皮膚科クリニックで、定期的に足を診て頂いて、本当に感謝してます。
また近々行きますね!宜しくお願いします。


  • 金子智裕
  • 2017/08/24 12:36





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 病院の壁
    金子智裕
  • 今日が一番若いんだということ。
    円香
  • 今日が一番若いんだということ。
    金子智裕
  • フスフレーゲ1周年記念日
    村井円香
  • フスフレーゲ1周年記念日
    MIKI・HAYASHI
  • シューフィッター課題 足型計測 (アキタバレリアン様)
    まどか
  • シューフィッター課題 足型計測 (アキタバレリアン様)
    フェイク
  • トランペット爪(重度の巻爪)
    村井円香
  • トランペット爪(重度の巻爪)
    フェイク
  • 上級シューフィッター 林美樹さんについて (横浜そごう)
    村井円香

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM