昨日は、泉皮膚科クリニック新年会でした。平成最後の新年会。  

フットケアメンバーも一緒だったため、今年は人数が増えて、益々賑やかでした。

  

 

旭南店がオープンし、 http://akita-kyokunan-total-care.com 

そちらに所属しているため、クリニックの患者さんはもちろんですが、
同時に看護婦さんや、受付のスタッフの皆様にもお会いすることがなかなか難しくなってしまいました。
だから昨日久々にお会いして、「元気だったーーー?顔見せにきてよーーー」と声をかけていただいた時、
なんだか色々な感情が混ざって泣きそうになりました。
長く会っていなかった友人と再会したような気持ち、うーん、またそれとは少し違うかもしれませんが、
なんだか、嬉しいのに少し気恥ずかしくなる感覚。
会いに行けていないことも申し訳ないという気持ちもあり、同時に、でも、今は過程、
お世話になっている方々に恩返しができるようになる過程だから今は先のための今だと思うしかありません。
昨日、集まれて本当に良かったです。両親も嬉しそうでした。
泉皮膚科クリニックは開業して22年?、長くお勤めしてくださっているスタッフの方々が多いため、私は、小学生の時に
初めてお会いして、そしてその後も社員旅行にも参加させていただいていたこともあります。
学生の頃からお世話になっている方々と、大人になって、同じ職場でお仕事をさせていただき、
そして今は場所は変わって、そして自分ではない他の方がその方々と同じ職場にいる。
説明しずらいのですが、感慨深いです。嬉しいんです。
昨日は早めに帰宅し、父と久々にゆっくり話しました。
巻爪矯正のこと、病院とフットケアの連携について、日々の情報交換について、ここ最近の変化や悩みについて、
多くの方々にこの技術を提供するためには、事業は拡大していかないといけない、そして施術者も増やしていかないといけない。
しかし、同時に変化のスピードを上げることで、浮き上がってくる課題や変化も多くあります。
父と二人で連携していることは、それはやはり一番シンプルで、一番話せて、一番集中できます。
それはお互いにもうわかっていること。しかし、二人だけができたところで話はそこまで、ずっと先の未来を作れるものではないこともお互い理解しています。
理解はしながらも、でも、やはり思うことはある。ここが難しいところです。でも、難しいと思う価値がある課題です。
少し先の未来は、病院とフットケアの連携が普通で、「フットケア外来」のようなものがより普及していて、
巻爪に悩んでいる方がどこに相談しに行ったら良いかすぐわかってて、
タコ・ウオノメの施術ができる場所や施術者の態勢もしっかり整っていて、
糖尿病等のフットケアも充実し、安心しながらゆっくり悩みを相談できる。
文字で書くとすごくシンプルに思えるのですが、
ここに至るためには、たくさんのことが必要で、たくさんの人の感情が交わることで、
人は同じものを同じく見ないから、時間はかかるものだと思います。
でも、時間がかかることを引き伸ばしても意味がないから、少しでも進まないといけないんだなぁと、
文章を書いていて思いました。
雪も降ってきて、本格的に冬になってきましたが、自分らしさを忘れないようにすごしたいとおもいます^^
  


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM